‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

放牧開始!!

暑いッスねー! 北海道に、ついに梅雨というものが来てしまったそうです。

どうりで毎日毎日雨ばかり…全然乾草が収穫できないじゃないか!(。-`ω-)いいエサが採れるよう、祈るしかできない、嫁です。

さて!

ついに!!

放牧が始まりましたーー!(≧▽≦)

電牧も入念に設置し、この頭数の大動物を安全に、穏便に、歩かせ放牧地まで誘導する…万が一不備があり突破されたら、この東岡の山の中を牛を探して歩くことに…ひぃぃぃぃぃ(;´Д`)

まぁ、そんなことはめったにないことなのですが、なんせ動物なんて、何考えてるかわかりませんからね。

初日は、牧場スタッフ総動員で!

いざ、出陣!1655776071174116557760713071

来た来たー!

16557760579501長ーい牧道を歩き(初日は走る!)、主に曲がり角など、要所要所に人員を配置し、脅かさずに誘導します。

dsc_39241坂を下ったらあと少し!

dsc_39161走る走る!!(;´∀`)

16557760578341ゴール!!無事に全頭到着しました(*´▽`*)

慣れて覚えると、そうそうダッシュすることもなくなるので、警戒するのは~最初の1週間くらいかな?

いや~しかし・・・ ここはもう、今回は大画面で見てもらいましょうか!(*´▽`*) ※画面が切れてるときはクリックしてみて下さい

dsc_39301

雄大!

dsc_40101

北海道!って感じでしょ? 山田牧場の時とは景観が違いますなぁ~(*^^*)

dsc_41341

dsc_40451

放牧して草を食べると、牛乳の味も少し変わります。牧草食べて、少しさっぱりした感じに…わかる人はわかる?

ぜひ飲んでみて下さいね(*^^*)(ちゃっかり)16562077709271

最新搾乳システム☆

すっっっっっかり春!!3月中の更新を目指していたのに、ビックリです(*’ω’*)

変わらずマイペーースな嫁です(’ω’)ノ 牛に劣らず!!

球春も始まり、最下位ながら楽しんで観てますよ勝負は来年さ!夢のボールパークへ!

さ。E・H・F稼働から来月で1年。社員全員、「もうそんな経つの!?」って感じで怒とうに過ぎていきました。

牛たちはもう、我が物顔でロボット搾乳をこなしております。

これが!ロータリーロボットです!dsc_26581 dsc_30491うちの守り神も一緒に

まず、待機場という場所に、搾乳する牛を追い込みます。dsc_30051 dsc_35601こんなに搾る子がいるんですね~(これでも半分ですが)

もう、だいたいの子はやる気があるので、自分でロボットに入ってきてくれます。dsc_34181ここで、入口に待機。

dsc_36911左がロータリーの入り口、右が出口になります。dsc_32681ゲートが開いて、1頭ずつ中に入ると・・・

dsc_34251まずは人が、タオルで乳頭を拭きます。 本当はこの後、ロボットが乳頭洗浄もすべてやってくれるのですが、ここがうちの牧場の特徴!

すべてをロボットに任せると、やはりどうしても汚れを落としきることは出来ません。オーガニック牛乳は飲用乳なので、少しでもきれいな生乳を搾るため、機械に任せる前に、人が1頭1頭、異常も確認しながら手で拭くのです!

dsc_34231拭いてもらった牛たちは、ゆ~っくりと回転してロボットゾーンに回されてきます。うちの2大巨頭(?)のこの子たちにモデルになってもらいましょう。

dsc_26591これが!最先端の!搾乳ロボットです!ババーン! 牛には1頭1頭首にセンサーがついていて、ナンバーを感知し、その牛の乳頭を記憶し、その牛が来るとアームが伸びてセンサーで乳頭を探し、洗って、搾乳機を自動でつけてくれるのです! 今の技術スゲー!(´゚д゚`)

dsc_34291おっぱいを探して洗い・・・

dsc_34311ライナー(搾るホース)装着!dsc_34301「頑張ってます」アピール(笑)

dsc_35661dsc_32601 こうして、ゆ~っくり回っている間に順番に搾り終わり、出口についた子は順番に帰っていきます。

dsc_34381 dsc_34391 dsc_34401お疲れ様~(*´▽`*) これを朝、夕と1日2回行います。

帰り道、これから仕事の子にちょっかい出す子も…dsc_36321はよ帰れっ(;´∀`)

牛の中にも、早く搾られたくて待ちきれない!って子や、どうでもいいや・・って顔して動かない子、ロボットで洗ってもらってうっとりしてる子や、どーしても機会はいけすかん!って子(^^;) 個性様々なので、その子に合わせた方法でやってます。人だってみんな性格違うもんな、当たり前だよね(*’ω’*)

今一番怖いのは、落雷などによる停電(笑) マシントラブルはたまにありますが、今の機会スゲーな~~と働いてる本人、感心するばかりです(笑)

やっとこさ!

北海道は今朝、真っ白に積雪したところもあるようですね~(*’ω’*)

冬の足音が真後ろまで聞こえてきております、津別町から今日も嫁です(’ω’)ノ

さあ!新牧場E・H・F! 親牛の引っ越しから遅れること5ヶ月!

やっと哺育牛舎が完成、引っ越しましたー!\(^▽^)/

dsc_33471

ばばーん! MAX23頭哺育できます

今まではどうしていたかというと、親牛はE・H・Fにみんないますので、そこで分娩いたしますわねぇ。

産まれた子牛は旧山田牧場まで運び!既存の子牛用ハッチと、足りないので親牛のいなくなったいつ崩壊してもおかしくない牛舎で哺育しておりました。

dsc_33381 真ん中に角材で柱にしてるでしょう? 親牛引っ越した1か月後、マジで天井がゆっくり落ちてきて、急遽つっかえ棒ですよ(笑)

ホントに老朽化限界だったんだな~・・・(´-ω-`)

そして何より、「じゃあ子牛たちの飲むミルクは?」ってことですよ。

有機酪農は粉ミルクを使えませんので、親から搾った生乳を与えます。

そう! 親と牛乳は山の上のE・H・F! 毎日毎日100㎏ほどの生乳とエサをポリタンクと軽トラでうちまで運んでいたわけですよ!(;´Д`)

それも朝一度E・H・Fに出勤し、哺乳の時間になったら山田牧場に牛乳を持って降り、また仕事の時間になれば上へあがり…

1日何往復も、5ヶ月間・・・うぅ、よく頑張ったね、サキちゃん(ノД`)・゜・。

もうそんな心配はないわけです!!

dsc_33461今まで猛暑でも極寒でも外にあったむき出しのハッチとはおさらば、なんとこちとら床暖完備!!!)

雨風しのげて人にも優しいと来たもんだ!(*´▽`*)

外から子牛を買わず、自分たちで子牛を育てる自家繁殖をしている牧場では、子牛の管理というのがすごく大事になるわけです。

この子たちが2~3年後のうちを支える牛たちになるわけですからね。

16369584115981大きくなろうね~

でも、いよいよ賑やかだった従業員も、うるさかったも、毎日かかってたラジオも、仕事もなくなって、ネコたちと母さんは少し寂しそうです(´・ω・`)

dsc_33341